Комментарии
2018-01-31 в 12:32 

カエルのパドリング、
ゲートで弾丸。
村を通じ、朝から、
人々は暗闇の前に歩き回った。

口笛を吹かれた豚は、
牧草地からの真珠群。
羊飼いの女の子は、母親、
牛が揺れるほど。

私はぼんやりとした後ろに鎮静された
詩は彼の後を貪欲にした。
私はウインカーで近視眼だった
私の聴覚障害者の祖父。

- 良い! 彼は、
痛い口。 -
ただochennoのでsteroesovo、
そうでなければそれはできません...

URL
     

Новости и планы "Фабрики комиксов"

главная